遺言・相続問題

最後の想いを形に。

遺言書の作成というのは、人の最後の想いを形にする手続です。

原則、人は生まれてから死ぬまで、自分の財産を好きなように処分をすることができます。
しかし、亡くなった後はそういうわけにはいきません。

遺言書がなかった場合、故人の遺志を反映した遺産分割がされるとは限りませんし、場合によっては親族間で大きな紛争・相続問題となってしまうかもしれません。

そのため、あなたの最終意思を尊重し、相続人間での紛争を少しでも減らすためには、遺言書という形にしておくことが重要です。

また、紛争・相続問題が発生しそうな場合、発生してしまった場合も、法的な視点からご相談・調査・交渉・様々な書類の作成などをさせて頂き、相続を受けられる方(相続人)のお役に立てればと思います。

遺言書がある場合や、紛争・相続問題が発生していなくても、遺言執行の手続や遺言執行の手続や相続手続をどのようにしてよいか分からないという場合にも、当事務所がお手伝いさせて頂きます。

相続問題の予防・解決についても、当事務所の経験と知識のある弁護士に、まずはご相談下さい。

遺言

自分の死後に自分の財産をどうするかは、正式な遺言によって決めることができます。

正式な遺言書を作っている方は、ご自分が亡くなった後の自分の財産を好きなように処分することができます。例えば、面倒をみてくれたあの人に感謝の気持ちを込めて、可愛い孫の養育費として等、遺言をする方の温かい想いを込めることもできます。

また、遺言は誰かの同意を必要とすることもなく、あなたの意思で自由に変更することも可能です。変更した場合は、作成日の新しい方が適用されます。

遺産分割の際にも、まず遺言が優先されます。しかし、法律で決まった方式で作られていないと、せっかくあなたが残した遺言が意味をなしません。そのため、正式な遺言書を作るには、正確で正しい法律の知識のある弁護士に相談した方が安心です。

また、せっかく残した遺言書であっても保管場所を相続人が見つけられず、無駄になってしまうこともあるかもしれません。ご自身の想いをしっかりと形にするためにも、是非、当事務所へご相談下さい。

相続問題

人が亡くなると発生するものが、相続です。故人(被相続人)の財産が、土地や建物、貯金や株式などを含めて、相続人たちに分けられます。正式な遺言書があったり、円満な遺産分割協議が行われれば、多くの場合、手続きは滞りなく進むこともあるでしょう。

しかし、現実にはそういった事案は多くはありません。お金や財産が絡むことによって、親族間でさえ大きな紛争・相続問題となってしまうこともあります。場合によっては、相続人間で訴訟を起こし、裁判での争いとなってくるケースもあります。

また、相続人の中には、把握している故人(被相続人)のご家族(配偶者や子)以外にも存在するかもしれません。例えば、養子や認知した子などがいるかもしれませんので、相続人の調査も必要となります。

誰が相続人なのか。相続される財産はどれぐらいあるか。そして、誰にどのぐらいの財産を相続させるか。

これらの調査や手続きは難しく、ノウハウを持った弁護士に依頼した方が、多くの場合、正確で速く進みます。紛争の未然防止にも役立つこともあるでしょう。

相続問題が発生してしまった後だけでなく、相続問題対策として相続開始の前にも、遠慮なくご相談ください。